集合写真のご依頼 (2)

毎度ありがとうございます。仙台市太白区の理容室・美容室ロイヤルです。


DSC06763-Edit-Edit-Edit.jpg
時系列的には逆ですが、以前婚礼の出張集合撮影で、薄暗い神社内での集合写真を依頼されたときは困りました。バウンス撮影するにも、カメラと被写体の間に欄間があり、それができない。フラッシュ直射も背景が真っ黒くなるし、それもできない、結果ノーフラッシュでするにも感度を上昇してもノイズが乗り、顔がつぶれるので、800以上上げられない、絞りもある程度絞らないと後列がぼけるし、シャッタースピードが稼げない。ということで「絶対に動かないよう」お願いして、後処理(リタッチ)前提でシャッタースピードを稼ぐため暗めの連写で撮り、リタッチ処理で明るくし、シャープネスを高めながら、ノイズを消しつつ、ぶれが最小なベストな一枚を選ぶという荒業をしたことがありました。

集合写真は機材の要求性能が跳ね上がります。
2400万画素でとっても、それを30人で割ると一人当たりたったの80万画素しか割り当てられません。それも背景も写り、胸から写ったとしても、顔に割り当てられる画素数はさらにその3分の1かそれ以下と僅かなものです。

それを低画素機を使った日には、顔がブロック上のドットが乗っただけののっぺらボウの集合写真が出来あがる訳です。また、高画素機を使用しても低レベルのレンズを使用したのでは、解像度不足によりカリッとうつらずぼやっと映ります。

ですので、プロが使っているデカイ カメラは、見栄でも自己満足でもなく、要求される性能を満たすに必要なものなのです。
しかしながら、先日のブログで入学式の記事がありましたが某写真館による集合写真をみたら、最前列~2列がぼけてて、全体的に解像感がない写真でした。

人様が撮った写真に対して眉間にしわを寄せても仕方ないのは承知ですが、これは球面収差なのか?(*球面収差とは)でも開放で撮っているははずは無し・・と、とにかく50万のカメラを使っているようでしたが、その割には微妙な仕上がりでした。おそらく、あと感度を上げてもいいからもう一段絞って気持ち前ピンにすることと、レタッチ(画像後処理)の追い込み不足と私は見ております。

そんなわけで、ナンボか写真を知っている積もりである私から言わせると物言いを付けたくなる写真でした。

集合写真のご依頼 (1)

毎度ありがとうございます。仙台市太白区の理容室・美容室ロイヤルです。

DSC01322-Edit-Edit.jpg
使用機材 ソニーα99 + Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM + フラッシュHVL-F60M
写真撮影の詳細のページ

先日、某大手コンビニチェーンの表彰式及び集合写真を受注させていただきました。関係者・クライアントの皆様に心より感謝申しあげます。私自身、写真撮影をやってて一番難しいなーと思うのがこの集合写真です。自分は恐怖の集合写真と冗談半分に呼んでいますが、それを当日に急にお願いされまして、冷や汗ものでした。

まず責任重大です。それは集合写真の人数に比例します。
機材の故障や予期しない事故・体調不良などの撮影不能はご法度です。一応撮影規約上は免責をお願いしておりますが、やはり毎回緊張します。

準備にぼやぼやししていますと、被写体の表情が曇ってきますし、室内ですと、シャッタスピード・絞り・感度のサジ加減が微妙です。フラッシュを直射すると強い影が出来ます。そこで上方に向けて反射させ室内を明るく包み込む手法(バウンス撮影)をとるわけですが、この場合、蛍光灯にオレンジ色のスポットライトに、金屏風ときております。

おまけにクライアント様から、WB(ホワイトバランス)に注意してお願いします♪ とのことで、一々迷っている時間もありませんで、瞬時の現場判断にてWBオートでとり、後処理でグレー点を指定し、WBを微調整しております。(次回に続く)