2014年 夏の思い出-2 山形県

毎度ありがとうございます。仙台市太白区の理容室・美容室ロイヤルです。

20140707-DSC00762.jpgお隣の県である、山形県にお邪魔しました。

蔵王大露天風呂に入浴後、上山市のリナワールド遊園地に乗り込みました。平日とあってか貸切状態でした。


20140707-DSC00637.jpgこちらの急流すべりは侮るなかれ。多少濡れる程度だろうと、家族四人でシートをかぶらないでのったら、後の祭り。びっしょビショになりました。

最近 氷水をかぶる動画をみますが、あんな感じになりました。二巡目は息子二人を外野から撮影しました。


20140707-DSC00775.jpgせっかくなので遊園地近くの上山城に、立ち寄りました。


20140707-DSC00774.jpg隣接する公園には足湯があります。


20140707-DSC00795.jpgピントが甘い写真ですが、子供たちは遊びに夢中です。遊びとなるとバッテリー切れは起しません。

2014年 夏の思い出-1

毎度ありがとうございます。仙台市太白区の理容室・美容室ロイヤルです。

20140801-DSC02047-2.jpg皆様、今年の夏はいかがお過ごしでしょうか?海外に行った方も、国内旅行した方も、家でのんびりした方もそれぞれのすごし方があると思います。

我が家では、長男が五年生になり、今年と来年の夏を残すのみで、あとは中学生となり親と過ごすのもそろそろ最後かなということで、できるだけ休日は出かけるよう心がけました。


20140728-DSC01470-2.jpg息子君は絶叫系が苦手なので、ディズニーなどいかなくても近所の遊園地で十二分に楽しめているようです。スローシャッターで流し撮りをして見ました。

20140728-DSC01506.jpg

20140728-DSC01705.jpg絶叫!! 世界一恐ろしい 高速メリーゴーランドを撮ってみました♪

20140728-DSC01821.jpg「命賭け」と言ったら大げさかもしれませんが、「カメラの破損賭け」を覚悟で撮影を決行しました ^_^;


県民の森

毎度ありがとうございます。仙台市太白区の理容室・美容室ロイヤルです。

20140602-DSC07100.jpg
早くも立秋となりましたが、いかがお過ごしでしょうか? 多忙でアップが遅くなりました写真でして、こちらは6月のある日、県民の森へ森林浴とデスクトップ用の写真を撮影に行ったときのものです。欲しいかたは、画像をクリックしてお持ち帰りください。
県民の森は小さい頃に、アスレチックで夢中になった場所です。二周とかしていました。

     20140602-DSC06945.jpg 湧き水の旋律も見つけましたよ。
だれにも拘束されず自然の中、コーヒーを飲みながら、撮影に没頭するということは私にとってこの上ない贅沢です。
そんな訳で半日ほど撮影を楽しみました。帰り際にはカワセミにあうことができましたよ。

目標としていた、写真コンテスト優勝もケリをついたので、当面は鼻息を荒げてまで撮影する必要はなくなりました。
あとは撮影の仕事に集中できますし、このような息抜きでの撮影は自由なスタイルでマイペースでやっていけそうです。

写真コンテストで優勝しました。

毎度ありがとうございます。仙台市太白区の理容室・美容室ロイヤルです。

山形県東根市の関山大滝おかげさまで写真コンテストで優勝しました。写真専門サイト「αカフェ」第33回マンスリーフォトコンテストでゴールドスプーン(優勝)を勝得致しました。作品名は「水の饗宴」(*外部サイトに付きリンク先は予告無く変更されることがあります)です。

私の作品は2014年8月16日(土)から2週間、東京銀座のソニービル・ソニーストア大阪・名古屋で展示します。お近くにお住まいの方はお立ち寄りください。

元々は、なにか小さいコンテストでもいいから一つ賞を欲しいな思っていた矢先で、応募したものですが、日本の一等地である銀座で、日本を代表する企業であるソニービルに展示されることになろうとは思っても見なかったです。
なんだか日本を制覇したような錯覚でしてびっくり仰天しております。
漠然とでもよいので、夢をもって行動することは、本当に叶うものだなぁとつくづく思いました。

一年余り前初挑戦したフォトコンでは、選外の結果に。この一年静かに猛省しながら、受賞作品の共通点を研究した結果、"見ていて心地よい写真"が一番であると感じました。
そこで駄作の連投に無駄な時間を割くのを控えたり、雑談ブログも2ヶ月間控えるなどして暇な時間を作ることで心の余裕ができました。
心の余裕とは、予定がぎっちりで積み込む余裕がない脳みそに隙間ができるのと同じで、創作のアイディアが膨らむ空間出来上がったようなものです。休みのたびに撮影に出かけ、たまに頂く撮影の仕事も常にプロ意識を持ち続けました。

20140616-DSC00625.jpg
現場の全景はこんな感じでして、場所は山形県東根市の関山大滝です。なんとこんな自然が国道48号線沿いにあり、ちょうど山形と宮城県の県境付近です。
現場では、写真撮影に興じる方々が絶え間なく居り、こちらのミニスカのお姉さまは中国人のようでした。
シャッター音に反応し、一瞬振り向くと私が撮影されていたようでした。中国に帰ったあと「重厚長大な機材で撮影に興ずる日本人」とでも紹介するのでしょうか?

20140616-DSC00643.jpgここは以前から気になっており機会を見て撮影に訪れるタイミングを計っていました。
6月16日の午前11時半ころに到着し、早速三脚を展開して撮影を始めました。平日の月曜日にかかわらず、観光客がひっきりなしに訪れ、落ち着きませんでしたが、気が付いたら170枚あまり撮影し、時計は14時30分を廻っていました。ここ一箇所に三時間もいたわけです。傍から見れば変わり者と思われているかもしれません。そんな訳で原則的に撮影の際には嫁や子供は連れて行かないようにしております。私も集中できないし、付き合うほうも飽きるわけですから。

朝ごはんも簡単に済ませて外出したのもあり、さすがにお腹がぺっこぺこになり、グーグーきていたのですぐ脇にある 大滝ドライブイン泉やさんでおばちゃんの手作りの味噌おにぎりとおでんと玉こんを頼みました。お腹がすいていたのもありますが、ここの味噌おにぎりはとっても美味しい! 焼き加減と言い、味噌もしょっぱすぎず、握り加減も程よくぼろぼろ落ちないし、値段も安いしで文句のつけようが無かったです。
5分ほどであっという間に平らげたら、今度は冷たいコーラが欲しくなり、一人外のベンチに寄りかかり、疲れた足をぶん投げて冷えたコーラのグラスを口に傾け、ボーっとしていると、同じテーブルの斜め向にお一人様の60才代と思われるミセス様が座ってきました。空いているテーブルがあるのに、わざわざ斜め向に座り、なにか視線を感じるものがあり、私に声を掛けたがっているオーラを感じましたが、ナンパされてはたまったものではないので、残りのコーラをぐいっと飲み干し、席を立ち静かに退散しました。


20140616-DSC09887.jpg
今回持ち出した撮影機材は、
*ソニーα99

*SONYカールツァイスSonnar T* 135mm F1.8 ZA

*Planar T* 85mm F1.4 ZA

*カールツァイスVario-Sonnar T* 24-70mm F2.8 ZA SSM

*カールツァイスVario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM

*70-400mm F4.5-5.6 G SSMⅡ

*大型三脚SLIK カーボンマスター 924 PRO N


でした。そのほかにバッテリー・フィルター・レリーズ・サブカメラでした。

私は今回のみならず上記全てをひとつのカメラバッグに入れよく出かけます。
軽く100万超えの機材を持ち歩くわけですが、これらは見栄でも何でもなくプロとして必要なものです。

第一として写真の出来はレンズと本体で決まります。
一般人がなかなか手が出ない高級なものを使って撮影するからプロに頼む意味があるわけで、スマフォやコンデジで撮るならプロに頼む意味がありません。

第二は基礎知識・第三はテクニックです、只高級な機材を揃えていただけでは、不十分です。顧客は「このカメラマンは本当に写真の基礎知識・テクニックは大丈夫なのか?」と思うわけです。

確かに婚礼・成人式・七五三・卒業式と人生で大切な節目をお願いするわけですから、絶対に失敗は許されないわけです。そこは顧客様を裏切らないよう全力投球してまいりました。

それらを安心してもらうために、写真の基礎知識は写真検定で1級を取得したり、写真テクニックについてはコンテストで優勝することと考え、真面目に実践してきた積もりです。

しかしながらそれら検定やコンテストもはあくまで手段であり最終目的ではありません。
目的は第三者に拠る客観的評価により社会的信用を得、安心して写真撮影を依頼でき、そして私から最高の写真を顧客様へ提供することが目的なのです。

写真撮影の詳細(請負内容・料金)のページ